3/29 イワヨコ

先生から小さい波があるよと連絡をもらい、急いで支度して小屋へ。
先生とお弟子さんとコーヒーを啜りながら話をし、海へむかう。板はまだ借りていて、ただでさえ大事にしないといけないのにアスファルトにぶつけてしまう。
海のなかでは反転がうまくできないし、パドルも弱いし、反省ばかり。それでも春の日差しを浴びながら波を待ちながら過ごし時間が気持ちを豊かにしてくれる。
海からあがると先生のお仲間さんが小屋にきて、みなでコーヒータイム。先生の話に刺激をもらう。ここに来るひとたちはみんな刺激的でさらに豊かな時間を創り出している。